オリックス銀行カードローンの口コミを御覧あれ!

借入を行おうとした理由は投資の為でした。それは保有しているポジション維持の為です。
証拠金の足しにする為ということになります。このままじゃ追証になってしまうかもしれないということを恐れたのです。実際に追証になり、もしその追証を払うことができなければ多大な損失が確定してしまう為、それをどうにか防ぐことしか頭にありませんでした。
そんな状況なだけに借入を行うまので葛藤はなかったのですが、さすがに会社への在籍確認というところだけは引っかかっていました。
借入はネットで申し込みました。その日に連絡が銀行からきて確認を受けました。ただ、ここで驚いたことは私は職場への在籍確認をしないで欲しいということを伝えようと思い、その話をしたところ、もう既に確認済みですという返事がきたことでした。あちらからも気まずそうな雰囲気が伝わってきましたが、既に確認済みならもうどうにもならないと開き直り借入をお願いすることになりました。

オリックス銀行を利用しようと思ったのはネットの情報でした。会社の給料振込先の銀行だったら在籍確認もなかったのかもしれませんが、私は借金をするような人間ではないと見栄を張りたかったのか選択することは出来ませんでした。
検索するとたくさんのサイトが出てきましたが、その中で知名度があったオリックス銀行という文字が目にとまり、借入れ審査も厳しくないといった内容を読み選択しました。その為か、希望額とおりにカードローン契約することができました。
流れとしては午前中にオリックス銀行のホームページから必要事項を入れてその日の午後に連絡がきました。随分早いなとも思いましたが、私も早ければ早いほどいいと思っていたので良かったです。それから本人確認等を口頭で済まして、必要書類の送付となりました。私はその日のうちに自動車免許のコピーをFAXで送ることになりました。オリックス銀行から3日後ぐらいにカードが郵送されてきて、それから使用可能な状態となりました。

毎月自動引き落としで2万円を払うことになっていました。90万円マックスを借りている場合はそこから元本が返済されるのが約7000円ぐらいであり、1万3000円ほどは利子として払うはめにはります。ただ、数字だけの世界というものは恐ろしいもので、利子でそれだけの大金を取られているにもかかわらずに、あまり深刻には受けとめないのです。正直馬鹿だったと思います。馬鹿というか無知ですかね。
ふと今まで何回2万円引かれてのだろうか、50万はもう払ったから半額にはなっているかなと思いましたが、確認したときに初めて驚愕したのを覚えています。それから繰り上げでどんどん返済することにしました。少ないボーナスも泣く泣くすべて支払いに回したときもありました。
利用しての感想としては貸してくれてありがとう、の一言に尽きますが、淡々と自動でお金が引き落としされ、そこに人と人との関係性は介在しませんから特にこれといった感情は持ち合わせていません。
ただ、必要なときはカードローンを利用することは否定しませんが、もう不要になった場合は全力で返済することをお勧めします。金利ほど馬鹿らしい物はこの世界に存在しないからです。