SBIネット銀行住宅ローンの口コミをご覧あれ!

当時住んでいた賃貸アパートの更新時期が近付いてきたため、猫や犬が飼えるアパートに引っ越そうと思いいろいろと不動産屋をまわっていました。
すると、ある不動産屋で「賃貸でもこのくらいのお金を毎月出すくらいなら、いっそ買うことも検討してみてはいかがですか」と言われ、当初はまったく家の購入は考えていなかったのですが、一応購入も検討してみることになりました。
すると、意外と計算上は賃貸も購入もあまり月払いが変わらないことが判明し、そのままの勢いでローンの仮審査の申請を出してみました。すると、仮審査が通ったためそのまま購入することになり、その際に様々なローンを検討し、SBIネット銀行の住宅ローンを利用することになりました。

初めに不動産会社で勢いで申請した仮審査は三菱東京UFJ銀行で、そちらで仮審査を通ったためこれだけの大手銀行で審査が通ればどこの銀行でも審査が通るものと思い、様々な銀行の金利や特徴などを見比べていました。そこで、イオン銀行に興味を持ち仮審査を申請したところ、なんと審査落ち。その後、金利が安い上に団信の特約が手厚いSBIネット銀行を見つけ、仮審査をしてみたところ、こちらでも満額では審査が通らず、50万ほど頭金を追加しないと借りられないとのこと。三菱東京UFJ銀行ではそのような条件が付かなかったためどちらにしようか迷いましたが、結局金利の安さでSBIネット銀行にお願いをすることになりましたが、その分追加で50万円を急遽準備することになり、借入までは相当慌ただしくなってしまいました。しかし、それでも20年固定で0.98%という金利の低さには満足しています。

初めに仮審査を通った三菱東京UFJ銀行では、仮審査を通っただけでも立派な書類が送られてくるなど、住宅ローンというものの商品の重さを感じました。しかし、イオン銀行やSBIネット銀行ではそのような書類の類があまりなく、また実際に契約にいたるまでほとんどネットでの作業のみであり、なんだか高額のお金を借りているという実感がなく契約が進みました。最終契約の直前に司法書士の事務所には伺いましたが、最後までSBIネット銀行の担当者とは会わずじまいです。店頭に出向く必要がなく、余計な緊張もする必要がなかったため個人的にはネット銀行は楽で良かったかなと思いますが、担当者もおらず書類関係を自分だけで揃えたりする必要があるため、「安くなるならなんでも自分でやろう!」という人以外には、ネット銀行は向いていないかもしれないなと感じました。個人的には満足しています。